お正月に食べるお料理といったらおせちですよね。

おせちとは、お正月に食べるお祝いの料理のことをいいますが、調べてみるとその起源はかなり古く、弥生時代にまでさかのぼるそうです。

その当時の人は、日々の食事ができることを神様に感謝し、自然の恵みや収穫したものを神様にお供えしていました。

このお供えしたものが節供(せっく)で、これらを料理して大漁や豊作を願いながら、自然の恵みに感謝して食べた料理のことを節供料理というそうです。

この節供料理こそがおせちの起源なんだそうです。

さて、そのおせちなんですが、重箱に詰められているお料理や素材にも意味があることをご存知でしょうか?

私は知らなかったのですが、じつはそれぞれに意味を持っていたんですね。

「数の子」
ニシンの卵である数の子は卵の数が多いので、子宝や子孫繁栄を願う縁起物として食べられます。

「田作り」
田植えの肥料に乾燥したいわしが使われていたことから、田を作るというところに由来しています。

「黒豆」
一年中まめ(忠実)に働きまめ(健康)に暮らせるようにと、邪気を払い無病息災を願った食べ物です。

「たたきごぼう」
地中深く根を張るごぼうのように、家(家族・家業など)がその土地にしっかりと根を張り、安泰に続くようにという願いが込められています。

「栗きんとん」
金運を呼ぶ縁起物といわれてます。

「紅白なます」
紅白の色は水引を表しており、平安と平和を願う縁起物といわれてます。

「ちょろぎ」
「長老木」「長老喜」などと書き、長寿を願う縁起物として食べられます。

「海老」
腰が曲がるまで長生きしますように。と長寿を祈る食べ物です。

「ぶり」
出世魚であるぶりにあやかって、出世を願って食べられます。

「鯛」
「めでたい」の語呂合わせから用いられています。

「昆布巻き」
養老昆布(よろこぶ)や子生(こぶ)の字をあてて、不老長寿のお祝いや子孫繁栄を願う縁起物です。

「煮しめ」
家族が仲良くいっしょに結ばれるという意味があります。

結局、おせちのお料理の中には、家族や家業が永遠に幸せに繁栄させていきたいという願いが、これでもかと込められているということなんですね。

今年からは、おせちを食べるときはそういうことを願いながら食べたいと思います。

© 2016 おせち おすすめ rss